secretbase.log

コードはすべてNYSLです

Mercurial にて一時的に拡張機能(extensions) を有効にする方法

Mercurialのちょっとしたtipsです。拡張機能を一時的に使う方法です。

例えば hg clean といったコマンドがあります。構成管理対象外のファイルを削除するコマンドですが、標準ではOFFになっています。 .hgrc ファイルに記述することで有効にしておくこともできますが、一時的に使いたい場合に、コマンドライン上で設定できます。

tips

hg --config extensions.拡張コマンド名=

使用例 (hg clean)

tkondou@vain:~/work/playground$ hg st
? c/a.out
? cpp/a.out

? がついています。構成管理対象外です。これを削除したい。あ、cleanコマンド使おう。


tkondou@vain:~/work/playground$ hg clean
hg: 未知のコマンド 'clean'
以下のエクステンションにより  'clean' が提供されています:

    purge         作業領域中の未登録ファイルを削除するコマンド

"hg help extensions" で有効なエクステンションの情報が表示されます

hg clean をしましたが、未知のコマンドと言われました orz。でも拡張の使い方を親切に教えてくれています。


tkondou@vain:~/work/playground$ hg --config extensions.purge= clean

ここで、 --config にて一時的に有効にしつつ、 hg clean します。


tkondou@vain:~/work/playground$ hg st
tkondou@vain:~/work/playground$ 

ファイルがディスク上から削除されています。メデタシメデタシ。


他の人の端末やアカウント上で作業する場合に、一時的に有効にしたりすると便利かもしれませんね。

入門Mercurial Linux/Windows対応

入門Mercurial Linux/Windows対応